PR
PR

北海道新幹線、初の4時間切り 東京―新函館北斗間

 【北斗】JR北海道のダイヤ改正が16日行われ、北海道新幹線は東京―新函館北斗間をこれまでより最大4分早い3時間58分で運転を始めた。同日午前8時20分に東京を出発した「はやぶさ5号」は午後0時18分、定刻通り新函館北斗駅に到着。駅では地元関係者らが初の「4時間切り」走行の達成を祝った。

 JR北海道はダイヤ改正に伴い、青函トンネル内の貨物列車との共用走行区間約54キロの北海道新幹線の最高速度を、従来の時速140キロから160キロに引き上げた。昨年9月の高速走行試験で安全性が確認できたためで、下り2本、上り1本の計3本が東京―新函館北斗間を3時間台で行き来するようになった。

残り:184文字/全文:473文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る