PR
PR

日ロ交渉「テンポ失った」 プーチン氏、日米安保を懸念

[PR]

 ロシア紙コメルサントは15日、プーチン大統領が日本との平和条約締結交渉に関し「テンポが失われた」と述べたと報じた。同紙によると、北方領土を日本に引き渡した場合、日米安全保障条約に基づき米軍が展開する懸念が交渉の障害になっていると表明。日本の日米安保条約離脱の必要性にも言及したという。安保問題が、北方領土交渉の大きな壁となっていることが改めて浮き彫りになった。

 同紙によると、プーチン氏は14日にモスクワで行われたロシア産業家・企業家連盟の会合の非公式討議で発言した。日ロ交渉について「まず日本が(米国が)軍事基地を設置する権利を有する日米安保条約から離脱しなければならない」と指摘。安倍晋三首相は日本に島が引き渡された場合でも米軍の展開は認めないと約束したが、実際には米軍基地の設置を阻む手段はないとの認識を示した。

残り:133文字/全文:493文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る