PR
PR

公立化する千歳科技大、出願者数が過去最多 倍率10.9倍

[PR]

 【千歳】4月1日に公立化される千歳科学技術大(千歳市美々)の2019年度入試(定員240人)の出願者数が2617人に上り、過去最多だった18年度の1212人の2倍以上に急増した。大学の新たな運営主体になる千歳市の授業料の半減方針が、出願者の増加につながったとみられる。

 19年度入試は昨年11月以降、推薦、一般などの9区分で実施され、最後の一般・3期の試験が19日に行われる。平均倍率は10・90倍(18年度は5・05倍)となった。

残り:144文字/全文:361文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る