PR
PR

さよならJR初田牛、直別、尺別駅 住民やファン廃止惜しむ

 【根室、釧路】JR北海道のダイヤ改正に伴い、花咲線の初田牛(はったうし)(根室市)、根室線の尺別(しゃくべつ)(釧路市)、直別(ちょくべつ)(同)の3駅は15日、最後の営業を終え、それぞれ約1世紀にわたる駅の歴史に幕を下ろした。初田牛、尺別両駅には地元住民や鉄道ファンが集まり、出発する列車を見送って別れを惜しんだ。

 初田牛駅は1920年(大正9年)、直別駅は07年(明治40年)、尺別駅は20年(大正9年)の開業。このうち初田牛は原野に立つ駅で、鉄道ファンの間では全国屈指の「秘境駅」で知られた。

 初田牛駅ではこの日、初田牛町会がイベントを開き、地元の住民や鉄道ファンら約60人が駆けつけた。ホームで「ありがとう!初田牛駅」と書かれた横断幕を掲げ、釧路行きの列車を手を振って見送った。

残り:249文字/全文:593文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る