PR
PR

停電で普通列車2本が迂回運転 JR函館線 特急に影響なし

[PR]

 JR北海道によると、11日午後0時50分ごろ、函館線の森(渡島管内森町)―大沼(同管内七飯町)間の渡島砂原経由で停電が発生した。

 点検の結果、銚子口―池田園間で倒木2本を見つけ、撤去。午後3時30分に運転を再開した。

 普通列車2本が駒ケ岳経由に変更して迂回(うかい)運転、渡島砂原経由はジャンボタクシーで代行輸送し、約30人に影響した。

 函館―札幌間の特急に影響はない。同社が原因を調べている。

      ◇

 経由変更した普通列車2本は次の通り。

 ▽13時23分 長万部発函館行き普通列車

 ▽14時30分 函館発長万部行き普通列車

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る