PR
PR

名物鍋 がんがん食べて 赤平の祭り盛況

 【赤平】豚ホルモンや野菜をみそスープで煮込んだ赤平名物「がんがん鍋」を味わう第7回がんがん祭りが10日、市内の情報発信基地「AKABIRAベース」前で開かれ、大勢の人たちでにぎわった。

 市内飲食店でつくる赤平がんがん鍋協議会の主催。炭鉱街の家庭で作られていた鍋料理を名物にしようと、中華料理店や焼き肉店などがラーメン入りやユッケジャン風味など多彩ながんがん鍋をメニュー化し、2013年から祭りを開催。今回は7店舗が1杯200円で提供した。

残り:132文字/全文:352文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る