PR
PR

コンサドーレ特製よだれかけ 1万4800枚を札幌市に寄付

 サッカーJリーグ1部(J1)北海道コンサドーレ札幌の運営会社「コンサドーレ」(札幌)は8日、札幌市にオリジナルのよだれかけ1万4800枚を寄付した。市は4月1日以降、生後4カ月までの乳児が対象の、保健師らによる「全戸訪問事業」で配る。

 よだれかけは、チームのイメージカラーの赤を使ったボーダー柄。同社が地域の未来を担う子供たちに役立つものを提供したいと企画した。同社の野々村芳和社長が市役所を訪れ、秋元克広市長から感謝状を受けた。野々村社長は「コンサドーレからの、生後初めてのプレゼントとして喜んでもらえればうれしい」と話していた。(渡辺愛梨)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る