PR
PR

シャークスに新人4選手 大学で活躍の野手、攻撃力向上に期待 「少しでも貢献したい」

 社会人野球の室蘭シャークスに今春入団する大学生の新人4選手が合流した。いずれも大学野球で活躍した野手で、攻撃力アップが期待される。既に練習に参加している4選手は「良い雰囲気のチーム。少しでも試合に出て貢献したい」などと話し、5年ぶりの都市対抗大会出場へ意気込んでいる。

 4選手は小林俊己外野手(22)=函館大―秋田・能代松陽高、永森竜次外野手(22)=札幌大―北照高、丹代匠哉(たんだいしょうや)捕手(22)=山梨学院大―旭川南高、田畑瑛仁(あきひと)捕手(22)=中央大―埼玉・浦和学院高。

 小林選手は秋田県出身。函館大で主将として昨秋の明治神宮大会に出場。4番を任され、道六大学のベストナインに3回選ばれた左打者だ。勝負強さに加え、50メートル5秒9秒の俊足を生かし、「最初は代走でも試合に出場したい」と意欲を燃やす。

 永森選手は石狩管内新篠津村出身。「フルスイングに自信があるので、打率を上げ、クリーンアップを打ちたい」と目標を掲げる。

 丹代選手は宗谷管内浜頓別町出身。旭川南高では主将で4番だった。「活気のあるチームなので自分も頑張る」と抱負を語る。

残り:256文字/全文:736文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る