PR
PR

被災地安平 笑顔集め元気に 早来小児童、ドームで撮影会 ファイターズファンも協力

 胆振管内安平町の人口と同じ数の笑顔の写真を集める同町立早来小の取り組み「8000人の笑顔プロジェクト」の撮影会が2日、札幌市豊平区の札幌ドームで行われた。プロ野球オープン戦に訪れた多くのファイターズファンが、被災地へのメッセージを手に笑顔で写真に納まった。

 プロジェクトは早来小6年の26人が、「これまで支えてくれた人に感謝を伝えるとともに、町の人を元気にしたい」と昨年11月から取り組んでいる。

 撮影会はプロジェクトを知った球団が早来小に呼びかけて実現。この日は6年生が「笑顔の写真を集めています」と呼びかけ、「共に笑おう」などのメッセージを書いた紙を手にした観客を撮影した。中心メンバーの岡田征之丞(せいのすけ)さん(12)は「このプロジェクトを通じて、みんなが笑顔になってほしい」と話していた。

 早来小によると、2日までに6千枚を超える写真を撮影したという。撮影会は3日のオープン戦でも行われる。(川崎学)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る