PR
PR

ラグビーW杯での銃乱射想定 JR札幌駅直結「パセオ」地下街で訓練

 9月に札幌ドーム(札幌市豊平区)で試合が行われるラグビーワールドカップ(W杯)などを前に、道警は1日、札幌市中心部のJR札幌駅直結の商業施設「パセオ」地下街で、銃乱射テロに対処する道警機動隊銃器対策部隊の訓練を行った。

 逃げ道が少なく、被害が広がりやすい地下街で、市民の避難誘導や犯人確保の手順を確認する狙い。同隊や札幌北署、パセオの運営会社から26人が参加した。

 男1人が札幌駅前通地下歩行空間(チカホ)で銃を乱射した後、パセオに逃走したとの想定。テナント従業員が男を見つけて通報し、防弾ベストを着た銃器対策部隊の隊員が、盾を手に男を囲んで取り押さえた。施設の警備員らは、通行人役の避難を誘導した。

残り:59文字/全文:360文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る