PR
PR

日ハム応援大使に「大空色」だるま

 道内市町村の応援大使を務めるプロ野球北海道日本ハムの選手と、大使が就任したマチの関係者が交流するイベントが1日、札幌市内のホテルで開かれ、上沢直之投手らが参加した。

 応援大使プロジェクトは7年目。今年は胆振管内むかわ町、根室管内標津町など18市町村に選手38人が就任する。選手はそれぞれの市町村に出向き、トークショーをしたり、住民と交流したりする。

 上沢投手が就任するオホーツク管内大空町は特注だるまを用意。統一地方選を前に全国でダルマ不足となったが、山下英二町長は「無事間に合ったラッキーなダルマ。飾ってみんなで応援します」。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る