PR
PR

シードル、今年のお味は 壮瞥町民ら80人が試飲会

 【壮瞥】壮瞥の2018年産リンゴで仕込んだワインやシードル(リンゴ発泡酒)、ジュースなどのお披露目会が2月27日、町地域交流センター山美湖で開かれた。町民ら約80人が参加し、リンゴの爽やかな風味を堪能した。

 町内の商工業や農業関係者らでつくる「そうべつシードル造り実行委員会」の主催。

 今年から新発売したワインのほか、甘口と辛口2種類のシードル、ジュースを用意した。町内の若手農家グループが作る米粉のガレットやリンゴドレッシングなど壮瞥産農作物を使った食品も提供した。

残り:152文字/全文:387文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る