PR
PR

古丹別中23年廃校 苫前中に統合へ 町内中学1校体制に

 【苫前】町教委は28日、2023年4月に町内の古丹別中を廃止し、苫前中に統合することを決めた。同日、町役場で開かれた、町教委と町で構成する町総合教育会議で了承した。これにより町内の中学校は苫前地区の1校のみとなり、古丹別地区から無くなる。森利男町長は住民アンケートの結果を踏まえ、「子供たちにとって好ましい教育環境を整備する」と強調している。

 町教委によると本年度の生徒数は苫前中37人、古丹別中36人。これが28年度には苫前中31人、古丹別中26人になる見通し。

 町内では12年度、小中学校の配置のあり方の協議の末、苫前、古丹別の両小学校を残す方針を決定。その際、中学校は将来の統廃合を視野に入れていた。

 両中学校の統合は、1学級の生徒数を一定数確保し、部活動も含め適正な教育環境を守ることが主眼。統合先を苫前中にするのは、《1》校舎が新しく経費がかからない《2》アンケートや意見募集で多数を占めた―の2点を理由としている。統合時期については古丹別中の大規模改修が必要となる時期を勘案し23年春とした。

残り:233文字/全文:686文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る