PR
PR

道内冷え込む 27日以降は気温上昇

[PR]

 上空に寒気が入った影響で、道内は26日、前日までの暖かさが一段落し、ほぼ平年並みの気温となった。27日以降は全道的に再び気温が上昇する見込みで、札幌管区気象台は屋根からの落雪や傾斜地での雪崩に注意を呼びかけている。

 気象台によると、午前9時までの最低気温は旭川市江丹別で氷点下15・8度となったのをはじめ、釧路管内弟子屈町川湯で氷点下14・6度、札幌市で氷点下2・5度など。道央や道北の一部では雪が降り、午前9時までの24時間降雪量は稚内市声問で7センチ、札幌と旭川で4センチを観測した。

 27日には道内上空の寒気が抜け、3月3日ごろまで3月下旬から4月上旬ごろの暖かさが続く見込み。(石田礼)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る