PR
PR

1日1本の石炭列車、いつ運行? 釧路の愛好家がSNSで発信

 釧路市内を走る国内唯一の石炭輸送専用鉄道「太平洋石炭販売輸送臨港線」。3月末で運休するのを前に、地元鉄道愛好家の石川孝織さん(44)が運行予定を知らせるフェイスブックを開設した。

 釧路コールマインの選炭場と釧路港の貯炭場を結び、採炭量の減少から運行は1日1本程度で、休む日も多くなった。一目見たいと願う鉄道ファンらのため、運行会社に出発時間を聞き、毎朝更新している。

 運休後、今夏にも廃止する方針が決まってから、運行会社への問い合わせが増えたと聞いて考案した。石川さんは「釧路の石炭産業を支え続けた陰の主役。その雄姿を目に焼き付けてほしい」。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る