PR
PR

最終年は自然散策路整備 100周年ぬかびら源泉郷景観事業 訪日客向けに案内板も

 【上士幌】町は新年度、ぬかびら源泉郷地区の魅力向上に向け、自然の中を散策するネイチャートレイルの整備や、観光案内板の新設を進める。今年の開湯100周年をめどに完了を目指していた景観整備事業の一環で、5月に着工、秋ごろの完成を予定している。新年度一般会計予算案に関連事業費5344万円を盛り込んだ。

 整備するネイチャートレイルは、同地区の森林や八千代川などを眺めながら歩く総延長約800メートルのルート。新年度は散策路に砂利を敷くほか、階段を新設、補修して快適性を高める。終点にはベンチを備えた休憩スペースを新設し、周辺で見られる動植物を解説したパネルも設置する。

 これまで上士幌側のみだった同地区入り口の歓迎案内板を、三国峠側にも設置する。道路からは分かりにくかった鉄道資料館の入り口などに車両誘導サインを建てるほか、インバウンド(訪日外国人客)の増加を見据え、温泉街に4カ国語表記の案内板も設ける。

残り:177文字/全文:578文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る