PR
PR

北海道新幹線も車内販売廃止 3月15日で

[PR]

 JR北海道は18日、北海道新幹線新青森―新函館北斗間の上下18本で実施している車内販売を、3月15日で廃止すると発表した。弁当や飲み物を駅の売店などで乗車前に購入する人が増え、売り上げが低迷しているため。

 同社は、在来線特急の車内販売も今月末で廃止する予定。今回の決定でJR北海道管内での車内販売は、地元の観光協会などが不定期で行うものを除き姿を消す。

 また、JR東日本は新幹線新青森―東京間の車内販売について、売れ行き不振により、3月16日から取扱品目を減らすと発表した。弁当、サンドイッチなど軽食、土産などは扱わず、コーヒー、ソフトドリンク、アルコールなどの飲料と菓子程度に絞る。(土屋航)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る