PR
PR

札幌地下鉄、初乗り10円値上げ 消費増税で10月から 市電は据え置き

 札幌市は、消費税率の10%への引き上げに伴う、市営交通の運賃改定案をまとめた。10月1日から、地下鉄初乗り区間(3キロまで)の200円を210円にするなど、消費税が8%になった2014年以来5年ぶりに幅広く値上げする。路面電車(市電)は一律200円の普通運賃を据え置く。

 市は開会中の定例市議会に条例改正案を提出しており、可決後、国に申請する。

 地下鉄運賃は距離に応じて6段階あり、このうち初乗りの200円と、11キロ以上の320円、350円、370円の計四つの区間について、それぞれ10円引き上げる。子ども運賃は初乗りの100円と、160円の区間で各10円アップ。定期券も各種の区間・期間で値上げする。

残り:66文字/全文:369文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る