PR
PR

中野がレバンガ入団会見 「外角シュートの精度高めたい」

 バスケットボール男子Bリーグ1部のレバンガ北海道に特別指定選手として加入した関西学院大4年の中野司(22)が14日、札幌市内で入団会見を行った。「外角のシュートの精度を高めていきたい」と意気込んだ。

 中野は関西学生リーグで2年連続最多3点シュートのタイトルを獲得したシューティングガード。レバンガの課題となっている、決定力のあるシューターとしての活躍が期待されている。

 10日の新潟戦で既に約2分間出場した。「出ている時は緊張で周りが見えなかったが、映像で見直すと、すごい応援を受けていた」と振り返り、「自分よりずっとうまい選手たちに追いつき、追い越すことを目標に頑張る」と将来を見据えた。(安房翼)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る