PR
PR

首相、ポイント還元の撤回拒否 「制度分かりやすくする」

 安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で、10月の消費税増税対策で実施するポイント還元制度の撤回要求を拒否した。野党は「制度が複雑で混乱を招く」と批判。首相は「対象となる店舗に還元率を明記したポスターを張り、分かりやすくすることにしっかりと心を砕きたい。撤回は考えていない」と述べた。

 国民民主党の後藤祐一氏は、キャッシュレス決済時の還元率が複数あり線引きが複雑だとして「全国民の日々の買い物に影響し、問題が多い」と批判した。共産党の志位和夫氏も「天下の愚策」と反発した。

 世耕弘成経済産業相は「十分理解してもらえる」と強調した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る