PR
PR

スクールバス、乗用車と衝突 運転手ら3人重軽傷 芽室

 【芽室】12日午前11時50分ごろ、十勝管内芽室町美生の町道交差点で、乗用車と同管内清水町教委のスクールバスが衝突した。乗用車とバスの運転手が胸を打つなどして、いずれも重傷。バスには清水町立御影小の1、2年生37人と引率の教諭5人が乗っており、うち教諭1人が口の内部を切る軽傷を負った。

 帯広署などによると、現場は片側1車線の信号機のない交差点で、乗用車側に一時停止の標識があった。事故当時、路面は一部アイスバーン状態で、バスに乗っていた小学生は芽室町内のスキー場でのソリ学習から戻る途中だった。同署が事故原因を調べている。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る