PR
PR

北朝鮮体育相、スイスへ出発 IOC南北、合同チーム結成協議

 【平壌、北京共同】北朝鮮オリンピック委員会委員長を務める金日国体育相が12日、スイスを訪問するため平壌から空路出発した。ローザンヌの国際オリンピック委員会(IOC)本部でIOCと韓国との3者会談に臨み、2020年東京五輪での南北合同チーム結成などについて協議する。

 北朝鮮は昨年2月の平昌冬季五輪に参加し、4月の南北首脳会談につながった。北朝鮮は核問題を巡り米朝首脳会談などを通じた孤立脱却を図っており、スポーツ外交も活発化させる構えだ。

 ローザンヌでの会談は15日の予定で、韓国側は都鍾煥・文化体育観光相や韓国オリンピック委関係者らが出席する。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る