PR
PR

【砂川市】cake&cafe 笑飛巣(えびす)

圧巻 肉厚ポークチャップ

 寒さが厳しいこの季節、熱々の肉料理をしっかり食べて体力をつけたいと、砂川まで足を延ばした。お目当ては「砂川ポークチャップ」。ご当地グルメとして市内20店で工夫を凝らしたポークチャップを提供している。JR砂川駅から車で約5分、「ebisu」のロゴ看板を掲げる赤い屋根の一軒家カフェ「笑飛巣」を訪れた。

 この店の特徴は、何といってもその大きさ。ジュウジュウと音を立てる鉄板にのった肉は、高さ約4センチ、重さ約600グラムと圧巻のボリュームだ。「インパクトのあるメニューを出したくて。今ではダントツの1番人気です」とスタッフの三富悠生さん(23)は笑う。

 豪快な見た目だが、調理は丁寧だ。国産豚ロース肉を使用し、注文を受けてから切り分ける。フライパンで全面に焼き色を付け、オーブンで20分ほど中心までじっくり火を通す。熱々の鉄板にのせて自家製ソースをたっぷりかけたら完成だ。大きな塊肉にナイフを入れると肉汁があふれ、スッと切れる軟らかさ。赤身はしっとり、脂身は甘く舌の上でとろける。砂川産タマネギをたっぷり入れたトマトケチャップベースのソースは真っ赤で濃厚そうだが、口当たり滑らかで酸味が効いているのでさっぱりと食べられる。

 一人で食べきれないという人には、ポークチャップに付くライスとサラダ、スープを2人前にした「ぺアセット」を用意している。また、1.2キロの「キングサイズ」も1日5食限定で提供。調理に40~50分かかるそうなので予約がお勧めだ。

 自家製デザートも人気が高い。「エクレア」は約20センチもの大きさだが、生クリームの甘さが控えめで、ペロリと平らげてしまった。

 同店は、障害者が働きながら技能を身に付ける「就労継続支援A型事業所」でもあり、店名には「ここから笑顔で巣立ってほしい」という願いが込められている。

住所 砂川市東7南8
電話番号 0125・74・5868
営業時間 午前11時~午後5時(ラストオーダー午後3時、土日祝日は同4時)
休日 水曜定休
主なメニューと料金 「ポークチャップ」1650円、「ぺアセット」1950円、「キングサイズ」2980円、「エクレア」250円
総席数 28席(平日は分煙、土日祝日は全席禁煙)
駐車場 4台

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る