PR
PR

NY株4日続落、53ドル安 米中協議の不透明感意識

 【ニューヨーク共同】週明け11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4営業日続落し、前週末比53・22ドル安の2万5053・11ドルで取引を終えた。米中両政府による貿易協議の先行き不透明感が意識され、方向感に乏しい展開になった。米企業業績の減速懸念や、米政府機関再閉鎖への警戒感も相場の重しとなった。

 一方、ハイテク株主体のナスダック総合指数は9・71ポイント高の7307・91と続伸した。

 銘柄別では、中国でのスマートフォンの販売不振が嫌気されたアップルが売られた。一方で、スポーツ用品のナイキは上昇した。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る