PR
PR

出荷元農場で防疫作業完了、愛知 豚コレラ拡散

 愛知県は12日、5府県に広がった豚コレラの起点となった同県豊田市の養豚場で、殺処分した死骸の埋却や施設の消毒などの防疫作業を終えた。11日も作業を進めていた。

 大村秀章知事は12日の記者会見で、養豚場に対する県の出荷自粛要請が遅れたことが拡散を招いたとの批判に「出荷した子豚には体調異変はなかった」と釈明。一連の対応が国の防疫指針に反するとの指摘に県は、養豚場から豚の異変の通報があった4日の段階では他の病気を疑っており、指針に従っていたと説明した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る