PR
PR

春近し? 納沙布岬沖に流氷

 【根室】本土最東端・根室市納沙布岬の沖合に10日、流氷が姿を現した。

 納沙布岬の土産物屋兼食堂「レストハウス請望苑」の竹村秀夫社長(67)が10日正午ごろに確認。岬からは国後島最高峰の爺々岳(ちゃちゃだけ)などを背景に流氷が沖を漂う光景が見られ、観光客が熱心にカメラを向けていた。一部は岬に接岸した。

 40年以上にわたって納沙布岬で流氷を観察している竹村さんは「根室で流氷が見られるのは春が近いしるし。昨年よりも少し早いが、これからたくさん来るかどうかは風次第だろう」と話している。

残り:91文字/全文:333文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る