PR
PR

雪原に「白い怪物」ずらり 山形・蔵王で樹氷シーズン到来

 山形市の蔵王温泉スキー場で10日、冬の風物詩・樹氷がシーズンを迎えた。「アイスモンスター」とも呼ばれる白い怪物が群れをなしたような光景を見ようと、氷点下10度を下回る冷え込みの中、多くの観光客やスキーヤーでにぎわった。

 樹氷は、針葉樹のアオモリトドマツの枝や葉に空気中の水滴が凍り付き、雪も付着することでできる。

 埼玉県熊谷市から同僚と訪れた会社員の男性(26)は「思ったより大きくて迫力があった。来たかいがあった」と笑顔で話した。

 日没後にはライトに照らされた樹氷の幻想的な景色を楽しめる。ライトアップは3月3日まで。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る