PR
PR

高木美帆・菜那・佐藤 女子団体追い抜きV 500は小平の連勝止まる 世界距離別スケート

 【インツェル(ドイツ)共同】スピードスケートの世界距離別選手権第2日は8日、ドイツのインツェルで行われ、女子団体追い抜きを高木美帆(日体大助手)高木菜那(日本電産サンキョー)佐藤綾乃(高崎健康福祉大)の日本が2分55秒78で制した。初優勝した2015年大会以来の頂点で昨年の平昌冬季五輪に続く世界一。オランダが0秒42差で2位だった。

 女子500メートルは小平奈緒(相沢病院)が37秒20の2位で、国内外での連勝が37で止まった。バネッサ・ヘルツォーク(オーストリア)が37秒12で勝ち、23歳の曽我こなみ(日本ハウスH&R)が3位と健闘した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る