PR
PR

「函館駅前ビル」開店 旧棒二森屋別館を活用

[PR]

 【函館】1月31日に閉店したJR函館駅前の百貨店「棒二森屋」の別館アネックス館の建物を利用したテナントビル「函館駅前ビル」が8日、オープンした。旧棒二森屋で営業していた衣料品や菓子店などが移転し、市消費生活センターなどを含め計19テナントが入居。今後3年程度営業する。

 アネックス館は本館と異なり耐震基準を満たすことから、駅前空洞化を避けるため、函館市などが棒二森屋の運営会社で流通最大手イオングループの中合(福島市)に、3年間の閉館延期を求めていた。

 同ビルは地上7階、地下1階。地下1階、4階、7階は閉鎖し、5フロアで営業する。8日は函館市の高齢者向け交流施設「ふらっとDaimon(だいもん)」など5テナントがオープンし、地元高齢者らが訪れた。洋服店やパン店など残りの14テナントは20日に開業する。開館時間は元日を除く午前10時~午後6時。管理は中合などが外部委託する。(西本紗保美)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る