PR
PR

北極の寒気分裂「極渦崩壊」 道内上空に 温暖化が原因

 道内が記録的な寒さとなったのは、非常に冷たい空気を伴う北極付近の低気圧「極渦(きょくうず)」が乱れ、「極渦崩壊」と呼ばれる分裂現象が起き、北極の寒気が北海道上空に流れ込んだためだ。1月下旬、北米に大寒波をもたらした現象と同じで、専門家は「地球温暖化の影響で、北極の寒気が南下しやすくなっている可能性がある」とみている。

 北極の数千メートル上空では氷点下50度以下の寒気が渦を巻き、極渦をつくっている。北大の山崎孝治名誉教授(気象学)によると、1月下旬、この極渦が二つに分かれて南下した=イラスト=。

残り:294文字/全文:544文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る