PR
PR

新人の檀崎、実戦初ゴール 連携に課題も

 青森山田高から加入した新人MF檀崎が実戦2試合目で初得点。技術と決定力の高さを見せつけた。

 センターFW背後のシャドーストライカーとして、2、3回目の試合でプレー。見せ場は3回目の10分に訪れた。中野のパスに反応すると、「コントロールが良く、相手を置き去りにできた」。トラップのワンタッチでDFより一歩前に抜け出し、ペナルティーエリア中央でGKと1対1に。追いすがるDFのタックルに体勢を崩しながらも、左足でゴールに流し込んだ。

 檀崎は「(ゴール前で)時間をかければ(DFに)スライディングでカットされると思った。苦し紛れでも、結果につながって良かった」と事もなげ。

残り:222文字/全文:506文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る