PR
PR

雪の下からゴロゴロ… 越冬キャベツ甘~い 北斗で収穫体験

 【北斗】雪の中で甘みを増した「越冬キャベツ」の収穫体験が市添山の「北斗セブンスターズファーム」(吉田直樹代表)で開かれ、子どもたちが歓声を上げて、雪の下からキャベツを掘り出した。

 函館のNPO法人「体験塾SUMOCCA(スモッカ)」(中田嘉明代表)の年間体験プログラムの一つとして2日に実施。小学生から一般まで約20人が参加した。キャベツは11月に収穫した根付きのキャベツを雪の下で寝かせたもので、同ファームの吉田直樹代表は「(キャベツにとって)雪は布団のようなもの。雪の下から掘り出すと(キャベツが)目を覚ましますよ」と紹介した。

残り:186文字/全文:453文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る