PR
PR

吹雪影響 事故相次ぐ 路外逸脱や多重衝突

 道内では8日、吹雪の影響とみられる交通事故が相次いだ。8日午前0時20分ごろ、留萌管内天塩町ウブシの国道で、稚内市から札幌市へ向かっていた宗谷バス(稚内)の都市間バスが路外に飛び出し、標識に衝突した。天塩署によると、男性運転手(54)と乗客25人のうち、乗客の男性2人が手や腰に軽いけがをした。午前8時55分ごろには、旭川市末広7の4の国道で、バスと軽乗用車、トラック2台の計4台が絡む多重衝突事故が発生。軽乗用車の男性が肩や胸などの痛みを訴えて病院に搬送された。

 石狩管内当別町ビトエの国道では除雪車やトラック、軽乗用車など4台による玉突き事故が発生し、男性1人が首に軽傷。同町川下の国道でもワゴン車と軽乗用車など車両3台が絡む事故が起き、軽乗用車を運転していた70代男性が胸に軽傷を負った。

全文:348文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る