PR
PR

ゾウ、元気に訓練 円山動物園 3月中旬に公開

 札幌市円山動物園は7日、一般公開に向けて訓練中のアジアゾウ4頭のうち雌3頭を報道陣に公開した。報道向け公開は2度目で、柵越しに飼育を行う「準間接飼育」の訓練の様子も公開した。ゾウたちは走り回ったり、プールで遊んだり、元気な様子だった。

 公開されたのは15歳、27歳の母親、その子ども(5歳)。ゾウはそれぞれ飼育員の指示で約1メートル四方の穴の空いた柵に誘導され、枠に足を乗せたり、移動したりした。この訓練を積むことで、ゾウのストレスを少なくし、体を触るなどの体調管理ができるという。

 この日、子ゾウは真っ先に訓練が行われる柵に走り寄った。飼育員によると、訓練が楽しいと認識している証拠だといい、木で遊んだり、プールに入るなどリラックスした様子だった。3月中旬の一般公開を予定している。(石川実和)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る