PR
PR

シール痕で化粧品販売会社を提訴 ハロウィーンパーティーに参加

 ハロウィーンパーティーに参加するために100円ショップで購入したタトゥーシールで、頬にやけどのような痕が残ったとして、京都府向日市に住む小学2年の男児(8)が1日までに、シールを販売する化粧品販売会社「ドゥ・ベスト」(東京)に約1400万円の損害賠償を求め京都地裁に提訴した。

 訴状によると、男児の母は2017年10月、向日市内の100円ショップで英語やお化けが描かれたシールを購入し、右頬に貼った。2日後に剥がしたところ、絵柄の痕などが残った。

 ドゥ・ベストの担当者は「シールに欠陥はないと思っている」とコメントした。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る