PR
PR

水素 室蘭で“地産地消” 市などが実証事業

 水素エネルギーの普及を目指す室蘭市などが30日、水素活用の新たな実証事業を始めた。市内の風力発電所の電力で水素を作り、温泉施設に運んで電力を発生させて館内照明などに利用する。水素をより安全な低圧のまま扱う、全国でも珍しい取り組み。二酸化炭素を排出しない風力発電を活用することから、温暖化防止にもつながると期待されている。

 実証事業は2019年度までの予定。代表事業者は大成建設で、室蘭市や九州大、室蘭工大、日本製鋼所、巴商会、北弘電社が共同実施者として参加する。温暖化対策の推進を目指す環境省の「地域連携・低炭素水素技術実証事業」に採択された。

 室蘭市が所有する祝津風力発電所の電力を、約500メートル離れた水素製造所へ送り、水素を作る。水素は民間温泉施設「むろらん温泉ゆらら」(絵鞆町)にトラックで運ぶ。「ゆらら」に水素で発電する燃料電池(出力700ワット)を設置し、発生させた電力を館内照明などに使う。

残り:440文字/全文:844文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る