PR
PR

道南イカ記録的不漁 函館の市場取扱量、7年連続前年割れへ

 【函館、北斗】函館の特産物、スルメイカの地元市場での取扱量が、本年度は6千トン台となり、7年連続で前年を下回ることが確実となった。同じ方法で統計を取り始めた1985年度以来の低水準。地元スーパーからもイカが消え、漁業者、加工会社、流通業者など関係者も苦悩している。

 スルメイカの漁期は毎年6月から翌年の1月末まで。冷凍・生鮮を合わせた函館市水産物地方卸売市場の本年度の取扱量は、今月10日時点で6763トン。不漁だった前年度の3割減の水準となっている。

 取扱量は90年代、2万~4万トン台で推移し、ピークの99年度は4万4927トン。2000年代に入って減少傾向となり、14年度に1万トン台に突入。上昇の気配がまったく見えず、昨年度は1万トン台を割り込んだ。本年度の取扱量はピーク時の6分の1以下だ。

 函館市漁協函館小型イカ釣漁業部会(19隻)の佐藤豊次部会長(69)は、自身の今季の漁獲量が昨季比3~4割減という。「多くの船が昨年12月から漁に出ていない。津軽海峡に回遊するイカの全体量が減っており、今夏以降の漁も心配だ」と、顔をしかめる。

残り:549文字/全文:1021文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る