PR
PR

全道150カ所に子供プログラミング教室 サツドラ子会社展開へ

 ドラッグストア大手のサツドラホールディングス(HD、札幌)は、傘下の教育事業会社のプログラミング教室を全道展開する。来年以降、フランチャイズ(FC)の教室設置を始め、2022年には道内150拠点で授業ができる体制を整える。20年度から小学校でプログラミング教育が必修化されることから、ITの基本技術を早期に身につける教室の需要が広がるとみて、道内の基盤を早期に整える。

 サツドラHDの完全子会社、シーラクンス(札幌)が教室を設置する。すでに持っている函館市内の教室のほか、4月に札幌市内、今夏以降には旭川や釧路で直営教室の展開を検討している。来年4月からはFCで拠点数を拡大。3年後の目標の150教室のうち、直営を約1割とし、残りはFCでの展開を見込む。

残り:326文字/全文:654文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る