PR
PR

40代女性200万円詐欺被害 稚内

[PR]

 【稚内】稚内市内の40代女性が23日、天気情報サイトの利用料の未納金などの名目で約200万円をだまし取られたと稚内署に届け出た。同署は架空請求詐欺事件とみて調べている。

 同署によると昨年12月、女性のスマートフォンに「天気情報サイトの未納金がある」というメールが届いた。女性が指定の番号に電話すると、ネット協会を名乗る男から「料金未納で訴える。回避するには30万円分のプリペイドカードが必要」などと言われた。女性は1月17日まで17回にわたりコンビニエンスストアなどで計約200万円のプリペイドカード式電子マネーを購入し、男に電子マネーの番号を伝えた。女性はその後、親戚に相談してだまされたことに気付いたという。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る