PR
PR

快速にはねられ男性死亡 千歳線と函館線、運転再開

[PR]

 23日午前11時35分ごろ、札幌市白石区平和通16北、JR千歳線平和駅構内で、男性が新千歳空港発小樽行き快速エアポート(6両編成)にはねられ、間もなく死亡した。札幌白石署は、男性の身元の確認を急ぐとともに、目撃情報などから自殺を図ったとみて調べている。

 JR北海道によると、乗客乗員は約370人。同社は、千歳線札幌―新千歳空港・苫小牧間と函館線札幌―岩見沢間の、いずれも上下線の運転を見合わせ、午後1時ごろから順次再開した。この影響で特急や快速など計12本が運休した。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る