PR
PR

ふっこう割3月末まで延長 道など春休みの需要喚起

[PR]

 道と北海道観光振興機構は、国と道が国内外の観光客の宿泊費などを割り引く「北海道ふっこう割」について、2月28日宿泊分までだった期限を3月31日宿泊分までに延長することを決めた。新たな予算は計上せず、数億円程度の未消化分を活用する。延長は観光業界の要望を受けた措置で、春休みシーズンの旅行需要の掘り起こしにつなげる。

 北海道ふっこう割は、昨年9月の胆振東部地震で落ち込んだ道内観光を支援するため、同10月に開始。国と道の補助金計83億円を各旅行会社に分配している。道によると、割り引きに充てた費用は同10月末時点で計5億円。それ以降の分は集計中だが、数億円の予算未消化が出る見通しとなったこともあり延長を決めた。

残り:130文字/全文:436文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る