PR
PR

アカゲラの巣 見える? 室蘭 親子で冬山を散策

 身近な自然に親しむイベント「OYAKO de DANPARA」が19日、室蘭岳山麓総合公園で開かれ、親子連れ17人が冬山の散策を楽しんだ。

 室蘭市内の子育てサポート団体「SAMAYOKA」(森貞子代表)が主催した。参加者は、環境教育を行うNPO法人いきものいんく(伊達市)の加藤康大(やすひろ)代表(43)からスノーシューの装着方法を学び、だんパラスキー場から白鳥ヒュッテまで歩いた。

 参加者は周辺の林に目を凝らし、動物の足跡を探した。アカゲラの巣を見つけた子どもたちは歓声を上げた。引き続き林の中でテントを張り、寝袋に入ってキャンプの気分を味わった。

残り:89文字/全文:366文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る