PR
PR

エゾシカ、ありのままに 羅臼のガイド・高林さん、函館で写真展

 根室管内羅臼町の魅力を発信するガイドを務める高林紗弥香さん(32)の道南で初めての写真展「Dear Deer」が20日まで、函館市元町2のまるたまスクエアで開かれている。

 七飯町や市内で20日まで開かれている、エゾシカをテーマに生態系などを学ぶイベント「Dear Deer」(実行委主催)の一環。

 高林さんは上川管内美瑛町出身。動物の写真を撮る機会が増え、昨年、野生動物が多い環境を求めて、留萌管内小平町から羅臼町に移住。現在は産業や自然など、羅臼町の魅力を発信する会社「知床らうすリンクル」でガイドをしている。

残り:247文字/全文:504文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る