PR
PR

「万引き家族」に批評家賞 米国際映画祭

 【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州で開かれている「第30回パームスプリングズ国際映画祭」で12日、是枝裕和監督の「万引き家族」が、国際映画批評家連盟の外国語映画賞を受賞した。同作は2月のハリウッド映画の祭典、アカデミー賞でも最終候補入りが有力視されている。

 昨年12月には、ロサンゼルス映画批評家協会が外国語映画賞に「万引き家族」と韓国のイ・チャンドン監督の「バーニング 劇場版」(日本公開は今年2月1日)を選んだと発表。今月12日には授賞式が行われ、是枝氏はイ氏と共に出席した。

 バーニングは村上春樹氏の小説「納屋を焼く」の映画化作品。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る