PR
PR

新千歳―ヘルシンキ 12月16日就航を発表

[PR]

 北欧航空大手フィンランド航空は12日、12月16日に新千歳―ヘルシンキ線に就航すると正式に発表した。使用機材はエアバスA330で、週2往復。座席数は289席または263席とする。欧州各国からニセコなど道内のスキーリゾートを訪れる需要を見込み、12月から翌年3月末まで冬季のみの運航とする。

 ヘルシンキ発は木、日曜で、新千歳発は月、金曜。ヘルシンキを現地時間の午後5時5分に出発し、新千歳に日本時間の翌日午前9時に到着する。同じ機材で同日午前11時35分に新千歳を出発し、ヘルシンキに現地時間の午後2時10分に到着する。運賃は今後詰める。2019~20年の冬季運航は20年3月27日まで。

残り:127文字/全文:421文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る