PR
PR

金づちで同僚殴る 男を殺人未遂容疑で逮捕 帯広

 【帯広】帯広署は12日、殺人未遂の疑いで、帯広市西17北1、土木作業員中川原政秋容疑者(49)を逮捕した。

 逮捕容疑は11日午後11時25分ごろ、同住所のアパートの一室で、同居する同僚男性(26)の頭を長さ約30センチの金づちで数回殴るなどして、殺害しようとした疑い。男性は頭蓋骨骨折などの大けがを負った。

 同署は2人の間に何らかのトラブルがあったとみて、動機などを調べている。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る