PR
PR

厳冬千歳川 今年もサケ遡上

 【千歳】千歳市の千歳川上流部で、冬場もサケ(シロザケ)の遡上(そじょう)が続いている。千歳川は、豊かな湧き水を産卵に利用するサケが厳冬期も上る希少な川。次代に命をつなぎ、力尽きて流れに身を横たえるサケを狙って、ワシやキツネも姿を見せる。雪景色の中、命の環(わ)がつながっていく。

 千歳川では昨年7月~12月、市街地のサケ捕獲施設インディアン水車で約13万9千匹が捕獲された。水車の撤去後もサケは上り、約10キロ上流の王子製紙第4発電所ダム(市水明郷)の下手まで至っている。

残り:239文字/全文:476文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る