PR
PR

ACLへ俺が導く コンサドーレ新加入6選手意気込み

[PR]

 札幌は11日、札幌市内のホテルで今季の新加入選手の入団会見を行った。2016年のリオデジャネイロ五輪にU―23(23歳以下)日本代表として出場したFW鈴木武蔵(24)=長崎=ら6選手が力強く抱負を語った。

 高い身体能力を誇り、昨季11得点を挙げた鈴木は「DFの背後に抜ける速さが自分の特長。ダイナミックなプレーを見てほしい」。スピードが武器のアタッカーで、20年の東京五輪出場も期待されるFW岩崎悠人(20)=京都=は「札幌のサッカーは好守に魅力的。持ち味の運動量でチームに貢献したい」と活躍を誓った。

 左サイドでの起用が見込まれるMF中野嘉大(25)=仙台=は、鋭いドリブル突破が魅力。「攻撃は全体的に自信がある。個の力で違いをみせたい」と意欲を見せた。

 新外国人のブラジル人FWアンデルソンロペス(25)は16、17年に広島に在籍していたこともあり、「日本でプレーした経験を生かす。決定力に自信がある」。

残り:239文字/全文:644文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る