PR
PR

中朝首脳会談 完全な非核化が原則だ

[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が中国を訪問し、習近平国家主席と会談した。

 金氏は非核化の立場を堅持した上で、トランプ米大統領との再会談に向けて努力すると述べた。習氏も明確な支持を表明した。

 米朝首脳再会談への地ならしの意味が大きかったと言えそうだ。金氏の過去3回の訪中も、米朝間の重要な協議の前後に実現した。

 昨年6月に開かれた史上初の米朝首脳会談は、非核化に関しては曖昧な合意に終わり、その後の進展も見られないままだ。再会談では、非核化に結びつく実質的な成果を出さなければならない。

 交渉の前進に向け、中朝両国は、完全な非核化が譲れぬ大原則であることを忘れてはならない。

 中朝首脳会談は、中国が米国と激しい貿易摩擦を抱え、高官協議を行っている最中に開かれた。朝鮮半島の非核化に向けた中国の影響力を米国に見せつける狙いがあったのだろう。

 中国は制裁緩和に前向きとされ、中朝国境付近では密貿易を黙認しているとの指摘もある。

 だが、米朝間の非核化交渉が停滞しているのは、米国が北朝鮮に完全な非核化を求めているのに対して、北朝鮮が段階的な制裁緩和を主張し、議論がかみ合っていないためだ。

 中国が果たすべき役割は、制裁緩和に理解を示すのではなく、北朝鮮に非核化を促し、その道筋を付けることである。中国が北朝鮮への関与を強めているだけに、その責任は重い。

 一方、金氏には中国の後ろ盾を得て、米朝首脳会談を有利に進める思惑があったに違いない。

 習氏との会談で、制裁緩和に応じない米国への不満をにじませながらも「国際社会に歓迎される成果」を得るよう努めると語った。

 その言葉を実行に移さなければならない。まずは全ての核物質、核関連施設を明らかにし、廃棄の行程表を示す必要がある。

 それができなければ、米朝首脳会談は「政治ショー」に終わり、米朝間の軍事的緊張が再び高まりかねない。

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領も年頭の記者会見で、金氏が開城工業団地と金剛山観光の再開を提案していることを歓迎した。それも非核化の進展が前提となろう。

 問題なのは、昨年6月に比べて関係国間の外交関係の悪化が目立つことだ。日韓関係も溝が深まっている。各国がどれだけ足並みをそろえられるかが問われている。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る