PR
PR

札幌中心に大雪 今冬初の積雪50センチ超

 道内は冬型の気圧配置が強まった影響で、10日から11日朝にかけて札幌を中心に大雪となり、札幌市中心部の積雪は今冬初めて50センチを超えた。11日午後も日本海側を中心に雪が降りやすい天気が続くとみられている。

 札幌管区気象台によると、11日正午までの24時間降雪量は札幌市中央区と釧路管内弟子屈町川湯で24センチ、石狩市22センチ、札幌市南区小金湯20センチ、恵庭市恵庭島松14センチなど。

 札幌市内は北西の風が強まり石狩湾上空の雪雲が流れ込んだ影響でまとまった雪が降り、中央区の積雪は11日正午現在で56センチを記録。平年を10センチ上回った。

 道警交通管制センターによると、11日正午現在、吹雪のため、道央を中心に高速道路3路線3区間が通行止めとなっている。新千歳空港では同日正午現在、4便が欠航した。(石田礼)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る